流動層技術

プロセダイン炉 PCF(樹脂、塗料の洗浄設備)樹脂、塗料の剥離、洗浄にお悩みでしたら一度お試下さい。

装置の概要
炉内に細粒(アルミナ等)を詰め、底部より多数の細孔を通して空気を吹上げると細粒は静止状態から浮遊状態(流動層)になります。パイロダイン炉はこの細粒を熱媒体として応用した炉で、熱伝導が良く炉内温度も均一で、有機物の熱分解に極めて適しています。

装置の特長
完全な熱分解制御が可能です
洗浄による処理品の損傷は有りません
アルミナは熱及び、化学的に安定です
炉のメンテナンスが容易です
排ガスはアフタバーナーで2次燃焼します


<装置構造>
図をクリックすると拡大してご覧頂けます。
装置構造
随時テスト処理をお受けします。
(川崎事業所 TEL 044-276-1586)
プロセダイン炉 PCF写真
<適用例>
塗装ハンガー写真
塗装ハンガー

ブレーカープレート写真
ブレーカープレート
流動層熱処理炉 FLUID BATH ソルトバスの長所を持ち、短所を解消しました。

装置の概要
装置のレトルト内にアルミナ粒子を詰め下からガスを吹上げると次第に嵩を増し激しく攪拌流動状態になります。あたかも液体の様な挙動を示すためワークは抵抗無く挿入されます。この流動層は熱を運ぶ能力が高いため急速加熱や良好な温度分布が得られます。

装置の特長
使用範囲が広く様々な金属熱処理に応用できます
ワークは効率的に加熱されます
極めて均一な温度分布が得られます
流動ガスは目的に応じ自由に選択できます
処理の途中でワークの出し入れができます
ガス分散板とマッフルは信頼性が高く、超寿命を期待できます


流動層で行なわれる処理プロセス
鋼の一般熱処理
窒化処理、軟窒化処理
アルミの溶体化
線材熱処理
各種金属の迅速加熱
硬質層被覆処理
流動層熱処理炉写真


昇温速度の比較 <昇温速度の比較>
図をクリックすると拡大してご覧頂けます。