ガス窒化・ガス浸炭焼入・液体浸炭焼入プロセス

私どもは、部品の材料、用途等お客様のニーズにあった最も良い手法で熱処理をします。優れた設計、設備と優れた熱処理技術によって、優れた品質を提供します。 ガス浸炭・液体浸炭プロセス

(1)ICBP

低圧浸炭(熱処理)加工を任意に設定された最適ヒートパターンにより行います。浸炭深さを制御し、均一性と再現性に優れたプロセスです。
詳しくはこちら

(2)SPナイト

難窒化材料へのガス窒化処理が可能。又、オーステナイト系ステンレスへ耐食性を劣化させることなく窒化処理を行います。
詳しくはこちら

(3)ガス浸炭焼入

肌焼鋼に炭素を拡散させ、表面の炭素濃度を上げることにより焼入れの表面硬度を内部硬度に比べ硬くする表面硬化法です。

(4)液体浸炭焼入

ガス浸炭と比べ塩浴の特徴である迅速均一加熱が可能、低歪の特徴を持ちます。その為、薄物等の歪を嫌う部品に適した処理方法です。 液体浸炭焼入
比較表