ゴムの剥離剤・防着剤・脱炭,浸炭試験材

ゴムホース等の加硫前の成形時に使用されます。ゴムホースを望む形状に成形する工程は、その形状の芯菅にホースを差し込む滑り剤として「離型剤」があります。「防着剤」はゴム同士の付着防止に用いられます。
ゴムの剥離剤・防着剤浸炭・脱炭試験材製品ラインアップ

剥離剤

一部代表例を記載しております。
TS-2(低圧用)
PG-67(高圧用)
素材に特殊なアニオン系界面活性剤に安定剤、水溶解性を向上させる特殊な添加物を配合し、特殊な洗浄剤を用いることなく、水で洗浄出来ます。ホースにかかる圧力により低圧、高圧用があります。

防着剤

PAAR-1
厳選された機能剤を特殊なアニオン界面活性剤と、多糖類ベースの増粘作用により懸濁安定性を付与すると同時に、特殊アルコールによる表面張力を低下させ、ゴムの濡れ性向上機能を有します。

鋼箔(脱炭、浸炭試験材)

浸炭、脱炭を簡易に判定できる試験箔です。
鋼箔 H(脱炭試験用)
約1.0%Cに管理作成された厚さ0.05mmの高炭素鋼箔です。中性加熱浴に、この箔の切片を浸漬し、速やかに水冷します。その後に手で折り曲げ、よく曲がり何回でも折り曲げられれば、鋼箔の含炭量は0.1%内外で脱炭率は90%と判定できます。曲げようとして簡単に割れれば鋼箔の含炭率は0.3%内外で脱炭率は70%と簡易に判定できます。(箔の幅は34mm長さは75m 一巻 1Kg)
鋼箔 K(浸炭試験用)
約0.1%Cに管理作成された厚さ0.05mmの箔の低炭素鋼です。鋼箔Hと同じ手法で、浸炭能力が折り曲げ状態で判定できます。(箔の幅は34mm長さは75m 一巻 1Kgです)