表面処理剤

ここで、御紹介する「表面処理剤」は、固体法によって処理されます。固体法とは、処理剤と処理品をケースにパックして、外部より加熱する事で、処理品の表面改質を行うものです。
表面処理剤製品ラインアップ

固型浸炭剤

木炭と促進剤を配合し、一定の形状に圧縮した後に高温で焼結した製品です。焼結してありますので取扱いが容易な上、気化性のタール分等の不純物を含有せず処理品の仕上りが良好です。
KG6.2
弱浸炭用:合金鋼では浸炭深さ0.6mm以上。非合金鋼では浸炭深さ2mm以上が過浸炭なく使用できます。
KG30.2
強浸炭用:合金鋼では0.6mm浸炭深さ迄です。これ以上の深さを求める場合はKG6の方が過浸炭なく使用出来ます。非合金鋼では2mmまで。処理温度は一般に900℃が適当です。

ボロン剤

固体方法よる(ペースト塗布用もあります)ボロン層を得るもので当社商品名は「パーボラックプロセス」です。鉄系、超硬合金、非鉄材料に超硬質化合物層を生成します。母材によっては最高HV2300までの高硬度な表面層が得られます。
DB1
微細な粉末で形状が複雑で小物の部品に適します。
DB2
DB1の微粒子化したもので工具類に適します。
DB3
大物部品や量産品に適し、深いボロン層を必要とする場合の高温、長時間処理に最適です。
DBペースト
上記が粉末上の固体法によるのに対し、このペーストは処理品の任意な部分に塗布し加熱することでボロン層が得られるユニークな処理剤です。処理温度は800~1000℃です。